MENU

ご挨拶

会長挨拶

第34回日本老年麻酔学会 会長 川股 知之

 日本老年麻酔学会の歴史は、老年麻酔研究会に始まり、1989年に第1回老年麻酔研究会(会長 長野政雄先生)が開催されました。1997年には日本老年麻酔学会となり第9回学術大会(会長 福島和昭先生)が開催され、現在に至っております。老年者に対する麻酔の進歩と普及をはかり、これを通じて学術文化の発展に寄与することを目的として活動しております。会員数は、ここ数年右肩上がりに増加し、学会の盛り上がりを感じます。

 さて、この度、歴史ある日本老年麻酔学会を和歌山で開催させていただくことになり、大変光栄に存じます。和歌山では、畑埜義雄先生が2000年に第12回学術大会を開催して以来2回目の開催となります。2022年2月11日(金)~12日(土)に和歌山県立情報交流センターBig Uで開催させていただきます。学術集会テーマは“老年麻酔の挑戦”としました。

 我が国は2007年に65歳以上の人口が21%を超え、世界中のどの国も経験したことのない超高齢社会を突き進んでいます。率とともに平均寿命も上昇し男性は80歳を超え、女性は90歳に迫ろうとしています。改めて毎日の手術症例を振り返ると、患者の高齢化に驚かされます。周術期医療の進歩や手術の低侵襲化は、医学的な適応を拡大し超高齢者の手術を可能にしています。90歳を超えても大動脈弁置換が可能です。一方で、超高齢者に対する積極的治療をどのように考えるか、終末期や死をどのように迎えるかも老年医療の大きな問題です。そこで、老年周術期医療について技術的な面と哲学な面から議論し、新たな老年麻酔の挑戦を発信できればと考えております。

 学術集会会場は南紀白浜に隣接しております。南紀白浜には、万葉の時代から宮人に愛された白浜温泉、黒潮に作られた美しい景観、そして海の幸を楽しむことができます。2月11日(金)~12日(土)は老年麻酔について議論を深めるとともに和歌山の魅力をお楽しみいただけると幸いです。

 会員の皆様のお越しをを心よりお待ちしております。

第34回日本老年麻酔学会
会長 川股 知之
和歌山県立医科大学麻酔科学講座

事務局長挨拶

 ヒトの老化は避けられません。生命を維持する基本的な機構が衰えるのは自明ですが、ここ数年麻酔と老化の話題を頻繁に目にします。この背景は、川股会長の言葉にありますように、高齢者の周術期医療について技術的な課題の克服と、哲学的な議論を必要とするからです。高齢患者と向き合う麻酔科医は多く、それぞれに技術的な研鑽を積んでいます。本学会ではその技術と知識を議論し、情報交換することで、より良い麻酔を提供する場です。661名の会員が、未来の医療やヘルスケアのあり方を考える場になれば幸いです。

 本学会で興味深いのは、老年麻酔という言葉に「高齢麻酔科医の医療レベルの維持」、「高齢麻酔科医から学ぶ場」という意味を含んでいるところです。先人の様々な経験、広く深い見識と洞察力、豊かな人間性から学ぶ場であり、エキスパートも初心に帰って学ぶ場です。その雰囲気を大切にするため、「顔の見えそうな事務局」として丁寧な運営を心がける次第です。皆様のご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  2021年3月11日

日本老年麻酔学会 事務局長
山内正憲 (東北大学医学部麻酔科学・周術期医学分野)
ページのトップへ戻る